家族葬を考える パートⅡ⑥ ネット+事前相談で

久しぶりの更新です。せめて毎週記事を書ければ良いのですが、無精者なのとネタがないということもあって随分間が開いてしまいました。葬儀社の中には毎日ブログを更新している方もおり、頭がさがる思いです。ところで、先日、ブログを見て事前相談に来られた方から、「参考になった」と言っていただきました。これからも一般の人にわかりやすいようにご葬儀、特に家族葬のことを書いてゆきたいと思います(一般の方が見てくださっているかどうかは別にして)。私としては、このブログでは会社のPRよりも担当者個人としての本音を書かせていただいているつもりでいますが、ホームページやブログを上手く活用して葬儀の施行につなげている会社も多く見られます。十年も前ならば、インターネットで情報収集するのは若い人に偏っていたかもしれませんが、最近は年齢に関係なく利用されているのを実感します。当社の場合、所謂SEO対策なるものはほとんど行っておりませんので、例えば、「川口市 葬儀社」などと入力しても全くヒットしないのですが、それでもホームページの閲覧数が増えていたり、ホームページやブログを見て来館されるかたもいらっしゃいますので、広告媒体としての効果は相当高いと言えるでしょう。当社に関して言えば、家族葬を希望される方がホームページをご覧になっている割合が高く、ご自分たちの希望通りの家族葬ができる葬儀社や場所を探している様子を垣間見ることができます。ホームページのすごいところは言うまでもなくどこからでも誰でも閲覧することができる点なので、思いがけず遠方の方からご葬儀の依頼が来ることもあります。家族葬の特徴とも言えますが、近隣の人達がご会葬に来られるわけではないので、自宅から多少遠くても問題ありませんし、中にはあえて自宅から少し遠い葬儀場を利用する方もいらっしゃいます。葬儀社のことなど日常生活では意識していませんので、「自宅から少し遠くても構わないので良い葬儀社を探したい」というような方にインターネット検索はうってつけです。今や常識ですが、ホームページは閲覧数が多いものほど「人気サイト」として上位にランキングされ、また見てもらえる確率が高くなるという好循環をしますので、上手にSEO対策をして検索上位にランキングされている葬儀社もあるようです。
いずれにしても、葬儀社探しにおいては、ホームページで上手に情報収集をし、詳しいことは直接葬儀社を訪ねることをお勧めします。何故なら、葬儀社は「物」より「人」が大切な仕事だと考えるからです。

ここからは宣伝です

メモリアルホール柳崎会館はJR東浦和駅徒歩8分。家族葬も一般葬もお任せください。

画像


あとがき
  下に他の葬儀社のPRがくっついてくるなんて…
  ネットを利用しているのか利用されているのかわからないなあ…

この記事へのコメント

なるほど
2010年02月21日 16:04
なるほど。参考になりました。(同業者)