家族葬を考える⑳ この傾向は加速しそうです

今年も最後の一日となりました。お世話になった方々に改めてお礼を申し上げます。「一年間有難うございました」。今年は31日が友引なので、今日はご葬儀をしているところは多分ないでしょう。関係業者の皆様も例年よりは早く自宅に帰れるのではないでしょうか。しかし、聞いてみると皆さんお正月は多少休めるのかと思いきや、大晦日に除夜の鐘をつくお寺にお手伝いに行く石屋さん、元旦の持ちつき大会のイベントに参加する料理屋さんなどなど、休める人ばかりではないようです。本当にご苦労様です。体を壊さないようにして、また来年お目にかかりましょう。
「家族葬」についてこういうブログを書いているせいとは思えませんが、今年の最後4件の施行は家族葬でした。4件も続いたことは今までありませんでしたので、多少驚きもあります。ご葬儀の小規模化、更には「家族だけで」というこの傾向は今後も続きそうです。来年はどういう年になるかわかりませんが、皆様のお役に立てるよう精進してまいります。有難うございました。

宣伝 家族葬のご相談はメモリアルホール柳崎会館まで

画像

この記事へのコメント