家族葬を考える パートⅢ⑩ 常識か非常識か

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 私たちの仕事は宗教とか風習とかに接することが多くあります。地方に行けば行くほど風習はきちんと守られていたりするのですが、都市部になるとどうしても合理性が優先される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ⑩ 家族葬でよかったの?

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 1月26日の新聞の読者投稿欄に載った記事をご紹介させていただきます。大阪府の主婦からの投稿で、「葬儀のあり方の難しさを実感」という内容です。 それによると、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ⑨ 川口市の火葬場計画 続報2

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 以前からこのブログでも書いてきた、川口市の火葬場建設を伴う「赤山歴史自然公園」計画が2月7日の 朝日新聞埼玉版に掲載されました。内容的には以前にこのブログでも書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ⑧ 消費税が上がったら

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 「税と社会保障の一体改革」の議論が盛んです。テレビを見たり、新聞を読んだりしていると、賛成、反対それぞれの立場でいろいろな人がいろいろなことを言っていますが、過去の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ⑦ 「最高の人生の終り方」を見ました

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 さて、TBS系列で木曜日の9時から「最高の人生の終り方」というドラマが始まりました。葬儀屋さんを舞台にしたドラマということで、興味津々で見てみました。山下智久さんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ⑥ 白木の祭壇と生花祭壇

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 お葬式といえば祭壇がつきものですが、祭壇には大きく分けて2種類あります。昔からある白木の祭壇と生花の祭壇です。地域性もありますので一概には言えませんが、最近では生花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ⑤ 葬祭業にはお休みはありません 

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 平成24年が始まりました。本年も真面目に仕事に取り組みたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。お正月は葬祭関係の業者にとっても少しゆっくりできる期間です。三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ④ 川口市の火葬場計画 続報

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 させ、パートⅡでも書かせていただきましたが、川口市に火葬場を建設するという話が具体化してきました。川口都市計画公園の変更(案)及び川口都市計画火葬場の決定(案)と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ③ お坊さんの結婚

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げてみたいと思います。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 お坊さんの「お見合いパーティー」が行われたという新聞記事を読みました。お坊さんが婚活というと違和感を感じる方もいると思いますが、後継者問題という現実を考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ② お布施の定価表示(その2)

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 前回に引き続き「お布施の定価表示」についてです。お布施の金額を明示するというのは、おぼうさんどっとこむが初めてではありません。正確なことはわかりませんが、おぼうさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅢ① お布施の定価?

今回からはパートⅢということで、雑多なテーマを取り上げてみたいと思います。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 さて、今回は、10月6日の朝日新聞「オピニオン」の「お布施の定価表示」についてです。この記事では、賛成派として株式会社おぼうさんどっとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅡ⑳ これってあり?

前回、無宗教のご葬儀について書きましたが、無宗教のご葬儀の流れで、今回はちょっと現実離れしたことを書かせていただきます。何度も書きますが現実離れしたことですのでその点はよろしくお願いいたします。実は、昔から考えていることで、お坊さんなしの仏式葬儀はできないかということです。こんなことを書くと、またお寺様からお叱りを受けてしまいますが、結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅡ⑲ 無宗教のご葬儀について

無宗教のご葬儀の場合でも、厳粛な雰囲気で行われるのが普通です。最近は成人式でのマナーの悪さが問題になることもありますが、日本人はもともと節目の儀式というのは大切にする民族ですから、形式はどうであれ、儀式は厳粛に執り行われます。一部例外もありますが、ご葬儀に参列する際の服装も、現代では、宗教宗派を問わず黒の礼服を着用するのが一般的です。余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅡ⑱ 無宗教のご葬儀

節電の夏が終わりました。今年の夏は例年よりやや忙しかったのですが、9月に入ってからは「落ち着いて」います。「落ち着いている」というのは仕事が少ないという意味です。私たちの業界は、商売柄とでもいいましょうか、「商売が繁盛している」とか「暇で困る」とかいう直接的な表現はあまりせず、「忙しい」とか「落ち着いている」というような遠回しな表現を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅡ⑰ 川口に火葬場ができるか?

パートⅢでは雑多なテーマを取り上げております。家族葬についての基本的なことが知りたいという方は申し訳ありませんが、パートⅠからの記事を参照していただけると助かります。 ご葬儀の規模が小さくなると、当然ながらご葬儀にかかる費用は少なくなります。しかしながら、ご葬儀の規模に関係なくかかる費用があります。特別な場合を除いて、火葬料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅡ⑯ 折鶴のご提案

功罪は別として、昨今のご葬儀は葬儀社が主体となって執り行われており、ご葬家の方々も、ご葬儀の施行に関しては葬儀屋さんに任せておけば良いという感覚があるように思います。故人の弔いの場なので、場違いなことは慎まなければなりませんが、ちょっとしたことでとてもよいご葬儀になるという例がありましたのでご紹介させていただきます。先日のご葬儀に来られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅡ⑮ 計画停電が行われています

大震災の後遺症は当面続きそうですが、関東地区においては計画停電が行われています。当面は4月下旬までとなっていますが、今年の夏や、場合によっては冬にも実施されそうです。それぞれの業種が対策を考えているようですが、私たち葬儀の業界も対応に追われています。打合せの段階で、お通夜やご葬儀が行われている最中に停電が起こらないようにタイムスケジュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅡ ⑭ メモリアルコーナー

家族葬に限らず、故人を偲ぶという意味でメモリアルコーナー(追悼コーナー、思い出の展示…)を設けることがあります。故人が仕事や趣味で作成した作品や、故人の愛用品など展示するものは様々です。当社でもメモリアルコーナーのご提案をさせていただくことが多いのですが、これが意外に好評なのです。 お通夜の際、よく、司会者のナレーションで「故人の思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅡ⑬ 新聞記事より

1月29日の朝日新聞の生活面に葬儀とお金についての特集が組まれており、それと連動して「あなたの安心・葬儀とお金」と題した連載がありました。葬儀には一体いくらかかるのか?というのが主旨のはずなのですが、これを読んでいるとますますわからなくなります。東京都内の葬儀社数社の見積書が記載されているのですが、一番安いところで総合計77万7200円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族葬を考える パートⅡ⑫ ご縁の大切さ

平成23年の最初のお仕事は家族葬でした。色とりどりのお花を飾ったきれいな温かみのある祭壇を飾り、一方では仏式の厳粛な雰囲気の中で執り行われました。夫に先立たれ、子供もいない故人様を近親者で見送るといったものでした。大袈裟かもしれませんが、人間の縁の大切さを感じさせられました。昨今ご老人の孤独死の問題がよくとりあげられていますが、そういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more